アクティブプロスペクトを増やすためにすべきこと

マーケティングオートメーションとは?


マーケティングオートメーションとは、ウェブサイトの訪問者を分析し、マーケティングを行うものです。わかりやすく説明すると、見込み商談づくりを効率化し、営業部門に対して有効商談を渡すためのシステムです。成功させるポイントとしては、ウェブマーケティングのノウハウを持つ人材をしっかりと確保することと、分析するためのリソースを見積もること、顧客リストを充実させることなどが挙げられます。また、ウェブサイト訪問者を逃さないために、訪問者に対してメール配信をするなど、固定客を作る努力が必要となるでしょう。そのためには、メール配信のノウハウが必須となります。また、クラウド連携しているツールのように、しっかりとしたオートメーションツールを利用する必要もあります。

アクティブプロスペクトを増やそう


アクティブプロスペクトとは、インターネットのWebサイトのフォームを登録したり、訪問してくれたり、リンクをクリックしてくれたりした人のことを言います。MA導入で最も効果のあるポイントとしては、アクティブプロスペクトを増やすことが一番と言われています。アクティブプロスペクトを増やすためには、Webサイトを訪問してくれた人のメールアドレスなどをしっかりと取得し、必要に応じてダイレクトメールを出すなどのアクションが大切です。また、顧客リストを作成して、顧客ごとにどのような分野に興味があるのかをしっかりと分析しましょう。なお、顧客リストを取得するための入力フォームは、必要最小限にすると入力してもらいやすくなります。