マーケティングオートメーションの仕組み

最近よく聞くマーケティングオートメーションって何?


マーケティングオートメーションは、自社の製品やサービスに興味のある見込み客を発見し、実際の顧客になってもらうために行っていた行程を自動化することを言います。具体的には商品の体験会に集まってくれた人のパーソナルデータをパソコンに属性分けして入力したり、個別にメールマガジンなどを送付したりという見込み客を囲い込むための作業などです。マーケティングオートメーションの流れは、見込み客の創出、育成、選別と3つのステップに分かれ、自動化ツールにはそのステップごとに応じて必要な機能が搭載されています。このシステムにはBtoBに特化したもの、BtoCにも対応出来るものなど、システムによって得意な分野が違うので、自社がいま求めている機能があるかどうかを確認の上導入することが大切です。

マーケティングオートメーションを使いこなそう!


マーケティングオートメーションは、顧客を獲得するまでの段階で業務を効率化できる機能が数多くあります。まず見込み客創出のステップにおいては自社製品などの無料お試しキャンペーン、展示会の開催などの手法があります。その際に参加してもらった人の必要なパーソナルデータを一括管理し、どういった層が興味を持っているかという分析においてマーケティングオートメーションが持つ管理システムやSEO対策ツールなどで効果的な手法を選択することが出来ます。次に見込み客の育成の段階においては、通常のメール配信システムよりもより個人個人に合わせた配信ができる配信システムがあります。最後の選別の段階では、これまでの見込み客のデータやオンライン・オフライン上での行動を点数化するスコアリングシステムを使用して見込み客の興味を点数化し、高い点数の見込み客を優先してアプローチしていくなどの作業を自動化出来ます。