マーケティングオートメーションによるリード管理

リード管理の重要性とは?


マーケティングオートメーションで自動化できる業務の1つにリード管理があります。リード管理は新規顧客獲得のステップである、見込み客を創出し育成していく段階において重要な役割を担っています。見込み客の氏名や住所などのパーソナルなデータや、BtoBの分野であればアポイントを取った場所や日時などのデータ管理、自社のサイト上などでの行動履歴の記録などが管理すべきデータになります。そしてこの管理されたデータから、見込み客がどんな情報を欲しているかを分析し、見込み客1人1人に合わせた情報が掲載されたメール配信をするために、確かなリード管理というのは重要になります。他にもリード管理により管理されたデータは、その見込み客がどの程度自社の製品などに関心を示しているかという事を点数付けする、スコアリングをする際にも役立ちます。

リード管理はマーケティングオートメーションに任せよう


ただ、このような膨大なデータを全て人間が管理するという事は非常に困難です。そんな時に頼りになるのがマーケティングオートメーションシステムになります。このシステムを導入するメリットには、作業の効率化やケアレスミスを防ぐという事の他に、今までの手法よりも見込み客の行動パターンや商品購入の意欲などの数値化・可視化が容易に出来るようになるという点があります。展示会への出品やメール配信などによる見込み客のスコアの増減を正確に把握し、スコアの増減によりその見込み客にはどういったアプローチを行うかといった分析も、マーケティングオートメーションシステムを導入すれば効率的に行うことが出来ます。システムが出来ることはシステムに任せ、人間の目やアクションが必要な場合に営業部門など担当の部門が動くなどと生産性を上げることが出来るのが、マーケティングオートメーションによるリード管理を行う最大のメリットと言えます。