運用者が要!失敗しないための人材探し

営業や経理のスキルの高い社員に任せよう


マーケティングオートメーションは、売り上げアップや顧客サービスの向上などに不可欠な取り組みとして、国内の多種多様な業種に導入が進んでいます。効率的にマーケティングオートメーションを進めるには、様々な場面で数値目標を決める必要があるため、なるべく営業や経理のスキルの高い人材を運用担当者に任命することがポイントです。また、マーケティングオートメーションのシステム化を推進するうえで、運用担当者を対象に情報処理に関する研修を行ったり、外部のセミナーの受講を勧めたりすることも大切です。なお、初めに定めた期間のうちに目標を達成することが難しい場合には、運用担当者が中心となって、早い段階で計画を見直したり、各部署の意見を集約したりする必要があります。

マーケティング部門の実務経験者の採用を検討しよう


マーケティングオートメーションの概念を図式化したり、具体的なビジネスの目標を策定したりするためには、高度な専門スキルが要求されます。そこで、自社内にマーケティングオートメーションに関するノウハウを持つ人材が不足している場合には、マーケティング部門の実務経験者の採用を検討すると良いでしょう。特に、大企業で様々なシステムを駆使して業績アップに貢献した人材を迎え入れることにより、短期間で社内の問題の解決に繋がることがあります。その他、自社内で主に扱っている商品の種類や、ターゲットとなる顧客のニーズなどを考慮しながら、マーケティングオートメーションを推進するうえで、運用担当者の継続的な教育が必要となります。