MA入門

マーケティングオートメーションの仕組み

マーケティングオートメーション(MA)導入のメリット

コスト削減?効率化?マーケティングオートメーション入門者向け導入方法

計画的に導入をしないといけない

マーケティングオートメーションはウェブサイトの訪問者分析やリードナーチャリングキャンペーンなどを1つのソフトウェアに統合をする行為を指します。こうすることで業務効率をアップする事ができるのが特徴なので検討してみましょう。利用する際に2つのものが用意されています。1つはBtoBに強いものでもう1つはBtoCに強い機能です。この2つは内容が違っているので利用するときは注意が必要といえます。初心者がマーケティングオートメーションを利用するときには導入時の事を考えないといけないです。実際に導入してもうまく結果が出せないときもあります。どこまでオートメーション化するのかを計画して行うことで追加費用などを気にせず導入できるため理解しておきましょう。

ベンダーのサポートを理解しておく

マーケティングオートメーションを利用するときにはベンダーのサポート体制をしっかり把握しておきましょう。これを把握しておかないと後から運用サポートを頼んだときに追加費用がかかってしまう場合があります。基本的にベンダーは導入のみをサポートしてくれるところや、運用時のサポートは電話対応のみのところもあります。各サービスにより内容が違っているという点も注意してください。初心者がマーケティングオートメーションを利用するのなら導入から運用まで完全サポートを行ってくれるところがおすすめです。便利なマーケティングオートメーションですがサポートがいまいちだとうまく運用ができないので必ずサポート体制を把握しておきましょう。

いまさら聞けない!マーケティングオートメーションって何?

マーケティングオートメーションとは、見込み客と言われる潜在的ユーザーの行動パターンなどを管理し、可視化することを言います。新規顧客獲得のため、こうしたユーザーに適した広告戦略を打つために役に立ちます。

MA活用

アクティブプロスペクトを増やすためにすべきこと

マーケティングオートメーションによるリード管理

運用者が要!失敗しないための人材探し